日頃より、日本介助犬協会の活動にご支援ご協力をいただき、誠にありがとうございます。
介助犬フェスタ2020の実行委員長 後藤優花と申します。

皆様は介助犬をご存じでしょうか?
介助犬とは手足が不自由な方のお手伝いをする犬で、現在日本全国では61組の介助犬ペアが生活をされています。肢体不自由者の方々が外出し、安心して暮らせる助けとなる、介助犬の持つ力は素晴らしいものです。
最近では嬉しいことにメディアなどで“介助犬”という言葉を耳にする機会が増えてきましたが、「名前だけは聞いたことがある…」「盲導犬とどう違うの?」と詳しくご存じない方が多いのが現状です。

介助犬について知っていただくために毎年継続的に実施をしてまいりました介助犬フェスタは今回で第10回目を迎えます。1回目より、介助犬の素晴らしさや障がいについてどのようにお伝えするか、来場者の皆様にどのように楽しんでいただくか、職員一丸となりコンテンツ内容を試行錯誤し実施して参りました。
今回も皆様に有意義な時間を過ごしていただけるように『見る・知る・感じる・そして楽しむ!』をコンセプトとして介助犬デモンストレーションを始め、介助犬使用者の話、訓練犬ゲーム、障がい者スポーツ紹介など、楽しみながら介助犬や障がいのことについてお伝えできるような企画をご用意しております。

介助犬や介助犬ペアについて深く知りたい方や、犬が大好きな方、愛犬を連れてイベントにお出かけされたい方など、皆様ご友人やご家族など、周りの方をお誘いいただき、是非会場に遊びにいらしてください。介助犬フェスタを通して介助犬について、日本介助犬協会について、より理解を深めていただけることを願っております。

当会では介助犬の育成・普及活動に加えてWith youプロジェクト(障がいをお持ちの方々へ犬の譲渡)やDI/ドッグインターベーション(犬を通して病院などで行う動物介在活動)を行っており、介助犬フェスタ内でも活動紹介をさせていただく予定です。
当会のモットー「人にも動物にもやさしく楽しい社会を目指して」の通り、犬の持っている力を活かしてより多くの方を笑顔にできれば幸甚です。

最後になりますが、本イベントの開催にあたりご支援・ご協力いただいております関係者の皆さまには、この場をお借りして心より御礼申し上げます。皆さまのご支援・ご協力のおかげで、介助犬フェスタはこれほどまでに大きなイベントへと成長をいたしました。

皆さまに楽しんでいただける様、当日まで職員一同準備を進めてまいります。
皆さまのご来場を、心よりお待ちしております!

介助犬フェスタ2020実行委員長 後藤優花